ライフカードが支払えない

僕はライフカードをメインのクレジットカードとして利用しています。ライフカードってポイントがたまりやすいっていうのが魅力的で、メインのカードをライフカードにしたんだったと思います。

このライフカードですが、ライフカードを使って買い物するということが一般的になってしまうと、ついつい使いすぎてしまうことがよくあります。買い物と化していると欲しいものとかがたくさん出てきますからね。クレジットカードならば現金がなくても支払えるわけですので、いつの間にか買ってしまっているのです。

で、ライフカードが支払えないということが出てくるのですが、そういう時はライフカードの「あとからリボ払い」っていうのを利用するようにしています。

あとからリボは、ライフカードで1回払いやボーナス払いで利用した買い物も、あとからリボ払いに変更することができるのです。買ったときは一括で支払うことができるなと思っていたものです、あとになってから支払うのが厳しいというのが分かったときに変更できるというものなのです。

そもそもリボ払いというのは何かというと、月々の支払いが一定で、月々の支払額のコースを3,000円、4,000円、5,000円の中から自由に変更することができるのです。この月々の支払コースはクレジットカード会社各社によって違うのかもしれません。ちょっと僕はライフカードだけしか利用していないので他社のことは分からないんです。

例えば、2万円の洋服と8万円のバッグを買ったとしましょう。これを一括で支払うとなると10万円になるのでかなり厳しい金額になります。ですので、8万円部分のバッグだけをリボ払いにして5,000円のコースにしたとすると、最初の支払いは洋服の2万円とバッグのリボ払いの5,000円の25,000円の支払いということになります。これがリボ払い併用ということになります。もちろん、すべてをリボ払いにしてしまうこともできますよ。

このライフカードの後からリボがいつまで変更できるかですか、請求書が届いた後でも変更することができ、ネットのライフカードの管理ページから変更することができます。

ただ、気を付けないといけないのは、リボ払いということは分割で支払するわけですので、金利が必要になります。支払いを遅くする分、金利を支払わないといけないというわけですね。

ですので、何でもかんでもあとからリボ払いを利用するというのではなく、どうしても支払いに困るというものだけをあとからリボにするといいでしょう。

僕はクレジットカードをライフカードしか利用していないので、ライフカードが支払えない時はこういう風にして支払っていますが、他のクレジットカードを利用している方はこちらのサイトを参考にするといいと思います。

※参考サイト・・・ クレジットカード支払えない

リボ払いだけでなく、お金を借りて支払う方法とかも掲載されていましたよ。リボ払いにしても金利はかかるわけですので、より安い金利ならばお金を借りて支払った方がいい可能性も高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>